ホロスコープの出生時間て、大体じゃダメですか?問題

西洋占星術でホロスコープを出すには、生年月日、出生地(市町村まで)、出生時間の3つの情報が必要です。

 

ですが最後の「出生時間」というのがちょいと厄介で、「だいたいじゃダメですか?」という質問をよく受けます。

 

まあ、普段生まれた時間なんて聞かれることないですし(笑)、聞かれたところですぐにパッとわかるようなものでもないから、無理ないんですけれどもね…。

 

お答えしては、「ダメではないですが、正確な時間がわかる方が得られる情報がぐんと多くなるので、できるだけ調べてほしい」、といったところです。

 

調べ方としては、

①母子手帳(王道です)

②生まれた病院に問い合わせる

③出生届を確認する

③は本籍地管轄の法務局に保管されている「出生届」を閲覧する、もしくは写しを送ってもらうという手です。(数十年経つと廃棄されることもあるようですが…)

 

の3パターンがありますが、実際②と③はけっこうハードル高いです。なので、母子手帳がない場合は、一番誤差の少ない昼の12時で計算したホロスコープを使います。

「出生時間がわからない=セッションできない」ではありませんので、そこはどうかご安心くださいね。

ちなみに、60・70歳代以降の方は、まだ母子手帳が普及していなかったり、そもそも病院で生まれていなかったりするケースもザラなので、むしろしっかりわかるほうがレアかな?という印象です。




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内、水星逆行、ボイドタイムの予報なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA