国や集団の動きを見る、マンデン占星術〜冬至によせて

こんばんは、村上絵梨子です。

 

今日19:44、冬至を迎えました。冬至は占星術的にもけっこう重要なイベントのひとつです。

 

今回のお話は、初心者さんにはちょっとマニアックなトコロ。そんなものもあるんだ~と、気軽な感じでお読みくださいね。

 

占星術、と聞くとどうしても「個人のホロスコープで、個人の星の流れをみる」というイメージがあるんではないかと思いますが…

 

実は「国家のホロスコープで、集団の流れをみる」という技法もあったりするのです。これをマンデン(マンディーン)占星術といいます。

 

もともと、占星術というのはおエラいさんのためのものでした。

 

かつては国の命運や行く末なんかを占うのがメインの目的で、個人を見るというのはその後に出てきた流れなんですね。

 

たとえば世界大戦中、ナチスドイツにはカール・エルンスト・クラフトというお抱え占星術師がいましたし、ソ連のスターリンにも同じように占星術師がついていたと言われます。

 

また、アメリカのロナルド・レーガン元大統領が、占星術をもとにあらゆるスケジュールを組んでいた話は有名です(といっても彼の場合は、奥様の方が占星術にハマッていたからなんですけどね)。

 

まあ、そんな話はさておいて…。

 

マンデンでは「始原図」という国のホロスコープを読み解いていきます。

 

これは個人のホロスコープと同じように、国の誕生日、誕生地、誕生時間からつくるのですが、この「国の出生情報」というのがちょいとヤッカイ。

 

というのは、「何をもって国が誕生したとするか」は人によって考え方が全然ちがうからです。

 

たとえば「日本という国ができたのはいつ??」なんて質問を色んな人にすると、

 

「え、神武天皇(初代天皇)が即位したとき?」

 

「大日本帝国憲法が発布されたときかな?」

 

「いやー日本国憲法が衆議院で可決or公布されたときじゃないの?」

 

みたいに意見がバラッバラになるわけですよ(漢字多いな笑)



その上出生時間って、一体いつだ⁈という難題もありますし……

 

その点、より使い勝手がいいのが「四季図」というモノです。

 

四季図には「春分図」、「夏至図」、「秋分図」、「冬至図」の4つがあり、それぞれ太陽が牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の0度になった瞬間のホロスコープのことを指します。出生地は首都で設定します。

 

四季図は、その国の持つ四半期ごとのエネルギーを見るものです。

 

いちばん大切なのは春分図で、これは夏至までの3ヶ月間を含め、次の年の春分まで1年間、有効になります。

 

残りの3つはそれぞれ有効期間が3ヶ月間で、春分図を補うかたちで読むものです。

 

そのうちのひとつ、冬至図ができるのが今日、ちょうど太陽が山羊座の0度になるとき、というワケなんですね。

 

 

来年の春分から、春分図をベースに四季図をがっつり解読して、ブログにアップしていこうと考えてます。



とりあえず、今回の冬至図から見る春分までの向こう3ヶ月のテーマですが、こちらは明日12/22 20時のメルマガで配信しますね。




 




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内、水星逆行、ボイドタイムの予報なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA