【辛口】自分の癒しが最優先ですよ!人を癒やすのはその後です

こんばんは、村上絵梨子です。

 
 
いろんなサイトやブログを見ていると、占い師さんやセラピストさんと呼ばれる方ってけっこうたくさんいらっしゃるんだなーと思います。
 
 
 
ですが、ちょっとうーん…と思うのが、
 
 
 
自分自身にまだまだ癒しが必要なのに、そのプロセスを飛ばしたまま、人を癒すことを商売にされている方が、意外と少なくないこと。
 
 
 
たとえば、
 
 
 
日記がめちゃくちゃ不安定な雰囲気で、よくよく読むとメンタルクリニックに通院中の占い師さん

 

とか、

 
 
豊かさを引き寄せ☆というノウハウを書いているわりに、ご自身が何かと幸薄そうなセラピストさん
 
 
とか、
 
 
離婚カウンセリングを始めた離婚調停中のカウンセラーさん
 
 
…みたいな感じです。
あくまでもたとえですよ~汗
 
 
 
占いやセラピー、カウンセリングを学ぶきっかけは、なにかつらい問題があり、それを乗り越えるヒントが欲しかったから、というパターンがほとんど。
 
 
 
なにも、それ自体は悪いことではありません。
 
 
 
ですが、学びの段階を終えてそれをシェアするステージに立つには、最低限ご自身の問題を乗り越えておく必要があるだろうと、わたしは思うのです。
 
 
 
メンタル不安定も、豊かさの問題も、離婚のすったもんだも、
 
 
 
 
すでになにかのカタチで問題を消化し、ご自身の糧にしている
 
すでに過去のコト、と冷静に話せるくらいになっている

 

 
…ような状態であれば、逆にその経験を生かした活動ができるとは思います。
 
 
 
ですが、自分の問題が現在進行形で心の中もドロドロなのに、他人の癒しに手を出すことは、さすがにちょっとコッケイかな〜と。
 
 
 
なによりお客様からは、「あなたはその占いで、セラピーで、カウンセリングで、ホントに幸せになれたの??」という無言のツッコミが入るはずです。
 
 
 
「まずこの人自身が癒されたほうがいいかな…」と思う人って、ブログを読んでいると、なんとなーくわかりますしね。
 
 
 
人を癒すことが自分の癒しにつながる、という見方もありますが、自分の中の大きな痛みを取ることができないうちは、それはあくまでも日常生活の中での話。
 
 
 
けして仕事として癒しの看板を掲げ、対価を取れるような段階ではないと、わたしは考えています。
 
 

では、自分にまだまだ癒しが必要なのに、そこをスキップして癒しを「仕事」にしてしまうと、実際どうなるのでしょうか?

わたしの体感としては、多くが「癒しの押し売り状態」に陥る気がしています。

まず、自分が癒されていない人が、同じように癒されていないクライアントさんを目の前にすると、どうしても無意識に、自分と同一視してしまうようなんですね。

ようは、クライアントさんと適切な距離が取りにくいわけです。

「どうしても何とかしてあげたい!」という気持ちばかりがはやり、クライアントさんの問題に首をつっこみすぎてしまったり、クライアントさんの状態に応じたセッションができず、ムダに傷をえぐるようなことばかりしてしまったり。

思うような反応や評価が得られない場合、報われなさを感じてしまったり。

また、こうした形とは別に、「私があなたを導く!」「救う!」といった、妙な全能感として出てくる方もいます。

ひとつ、わたし自身の体験談もご紹介しますね。
(プライバシーを考慮して多少設定を変えてますが、本質はそのままです)

もう10年ほど前になりますが、まだわたしが修行中だった頃、あるイベントでひとりのタロット占い師さんと出会いました。

彼は、「自分のセッションは、即座にクライアントさんの痛みを解放させることができる!」と豪語されていました。

ほうほう、と思っていると、無料でお試しのセッションをしてあげる、と言われたので、とりあえず受けてみることにしたのです。

それが地獄の1時間のはじまりになるとも知らずに…^^;

「今の悩みを1つ言って」と言われたので、せっかくだからとわたしは当時リアルに悩んでいたことを伝えました。

それでも最初は、ごくごく普通のセッションだったのです。ケルト十字の展開で、今の現状を分析したり、未来への見通しをつけたり。


ですが、一通りカードの説明を聞いて、「きっともう終わりだな~」と思ったころ、彼はこんな問いかけをしてきました。

「ねえ、問題、手放せた?」

と………。

これは言わずもがなですが、ほとんどの場合、セッションを受けたとはいえ、その場で即問題が解決したり、テーマがクリアになったりするわけではありません。

その後、「いつ、どんな形で癒しが起こるか」はあくまでもお客様自身のタイミングであり、そこはわたしたちがコントロールできるような領域ではないのです。


なかにはその場で道が開けたように感じる方もいるでしょうが、一方でそれが一週間後、一ヶ月後、一年後にやってくる方もいるでしょう。

その時のわたしも、一応彼からタロットのメッセージは受け取りましたが、すぐにスッキリ!というところまでには正直いっていませんでした。


ですが、まさか「いいえ」というわけにもいきませんので(汗)、「はい、ありがとうございました」と答えておきました。すると彼はなおもカードを切って…

「じゃあ本当に手放せたかどうか見るから^^もう一枚ひいて」というのです。

一瞬モヤっとしながらカードを引くと、見事にその「モヤっ」を反映したカードが出ました(笑)


「あれっ、まだみたいだね!このカードの意味はこれこれこれで…」

とひとしきり説明された後、また確認のためにカードを引くように言われました。このあたりから、何か傷をえぐりまくるような口調にもなっていました。

そうするとまた思わしくないカードが出ましたが、その後の展開はお察しの通りです。このやり取りは、結局5~6ターンほど続きました^^;


最後になんとか「まあまあ」なカードが出たとき、彼が言った言葉は今でも忘れられません。

「ああ~、スッキリしたぁ!!手放せたね??おめでと~!!」

正直、こんなに受け手が色々と消耗するセッションには、なかなかめぐり会えないだろうと思います…。


セッション後、彼と少し話をする時間があったのですが、彼自身、ご家庭にある強い悩みを抱えており、現在進行形まっただ中だったようでした。

それを消化し切れていないまま、占いのお仕事をされていたのですね。

その頃はわたしもまだ若かったので、彼に対して抱いたモヤモヤがなんなのか、イマイチつかめなかったのですが…

今なら彼自身に癒しがまだまだ足りなかったのだ、とわかります。


彼は自分の満たされない気持ちをわたしに投影し、なんとかわたしを癒した証を得よう!と必死になっていのだと思います。

結果として、彼の自己満足にしかならなかったのですけれどもね…。

ここまで強烈ではないにしても、彼と同じようなタイプの方はブログを読んだり、セッションを受けると、おそらくどこかで違和感を感じると思います。

何かセッションを受けるとき、占術の講師を探す時は、知識や実績の量も大切ですが、それよりも先に、まずその人自身が癒されているか、メンタル的に安定しているかを分析しておくといいかもしれません。

そして自分自身が「癒し」の仕事をしようと思ったときは、どうかまずご自身のテーマがクリアになっているか、胸に手を当てて考えてみてくださいね。

 




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内、水星逆行、ボイドタイムの予報なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA