山羊座の新月―自分だけの高みを目指してゆく

こんばんは、村上絵梨子です。

あさっての1/17は新月です。

今回は山羊座26度、第10ハウスで、太陽と月が出会います。
こちらが新月図です。

 

 

今回新月が起きる山羊座というのは、構築と生真面目さの星座です。

そしてそのエネルギーは第10ハウスで発揮されることになります。
第10ハウスはあらゆる「自己実現」を示す場所です。

つまり今回の新月は、「自分だけの高みをめざす」ことがテーマになります。

10天体はすべて南半球に固まっており(ホロスコープ上では東西南北が反転します)、そのうちの3天体、冥王星、太陽、月がMCに重なっています。

冥王星は「並々ならぬ存在感を」、太陽は「生きる力の源泉」を、月は「よりどころ」をそれぞれ示します。

そしてMCは第10ハウスの始まりとなる区切り線のポイント(今回の新月の場合は山羊座19度9分)を指しますが、
ここは社会とのかかわりを示す重要な部分です。

また、第10ハウスと山羊座とはもともと関連するハウスなので、今回の新月は第10ハウスのテーマも、山羊座のテーマも、相当に強調されているといえるでしょう。

「思考」の水星と「慎重さ」の土星も重なっているので、ものの見方や考え方も非常に安定しやすくなります。

ただ、星まわり全体的にストイックになりすぎる、正論ばかりにかたよりすぎるというリスクもみてとれるので、そのあたりには気をつけたほうがよさそうです。

さて、みなさまは今回の新月でどんなテーマを思い浮かべるでしょうか。

なお、後半ではサビアンシンボルから、今回の新月の裏テーマも読み解きますが、そちらの内容はあさって20時の配信のメルマガでお伝えしたいと思います。

メルマガの詳細についてはこちらへ




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

西洋占星術講座「エレオノーラ」を主宰するかたわら、本サイト「西洋占星術とタロットの学校」の全記事執筆・運営管理もしています。 使用占術は西洋占星術、タロット。非霊感系です。 占いやスピリチュアルは現実に生かしてナンボなタイプで、地に足のつかない&ご都合主義のフワフワしたスピはちょっと苦手。 酒としょっぱい食べ物が大好きなアラフォーです。