清水富美加さんのホロスコープを見て、意外と宗教家向きかもと思った件

こんばんは、村上絵梨子です。

 

最近、女優の清水富美加ちゃんが突如すべての仕事をキャンセルし、「幸福の科学」に出家した、ということで大騒動になってます。

 

Eテレの「オトナヘノベル」という彼女の出演番組が好きで、ちょいちょい見ていたわたしですが…ニュースを聞いたときは本当にびっくり。

 

(ヒャダインさんとのトークがすごい面白かったんだけど、もうあれが見られないのは寂しすぎる…)

 

わたしのなかでは、とっても明るくて、頭が良くて、機転もきいて…みたいなさわやかなイメージだったので、すぐに「宗教」には結びつかなかったんですよね。

 

それがいきなり、「これからは神のために生きる」、と言われる衝撃たるやもう。

 

でもホロスコープを見ると、彼女がどうしていきなりそういう心境になったのかが、なんとなーくわかる気もしました。

 

清水富美加さん 1994年12月2日 東京都生まれ 出生時間不明

 

 

出生時間がわからず、月の度数がこれまたびみょ~で、蠍座か射手座か特定できないのですが…

 

天体がかなり蠍座に集まっていますね。

 

蠍座というのはスピリチュアルに深くかかわる星座ですが、とっても求道的で、深く深くほりさげていくようなイメージを持っています。

 

また、自分自身や人生の目的を示す太陽、ものの見方や考え方を示す水星は射手座。

 

射手座は自由な明るさや、生き生きとしたエネルギーを持っているので、わたしたちが持つ清水さんのイメージはそのあたりからきていると思いますが…

 

射手座は道徳や良識、そして「宗教」「教師」というキーワードもあるのです。

 

なので、彼女が「神」や「真理」みたいな高尚なものを探究する、そしてそれを人に教え広める道を選んだのは、占星術から見ればある意味自然なことかもしれません。

 

現世で魂を成長させるためのキーポイントを示すノースノード(ドラゴンヘッド)も蠍座ですし…意外と宗教家には向いているのかも⁉なんて。

 

ですがちょっとだけ心配なのが、感情を示す月が、オールオアナッシングの冥王星と重なっていること。

 

わたしの体感的に、この配置を持っている人というのはカリスマ的な魅力があるのですが、どこか極端になりやすく、自分を限界ギリギリまで追い詰めやすい弱点があります。

 

実際、彼女は自殺を考えるほど参っていたといいますから、今後しばらくはゆっくりと月、つまり、本当の飾らない素の自分を癒していく必要があるでしょうね。

 

事務所と彼女の主張は真っ向から対立していて、お互いの言い分がどこまで真実なのかはわからないですが…

 

芸能界の実態が彼女が本で明かした通りなのであれば、さすがに闇が深いなぁと思わざるを得ません。

 

その上、事務所のチカラが強いと、マスコミへの報道規制や、所属タレントへの言論統制みたいなことがまかり通ってしまうようですから、彼女は孤独でしょうね。

 

それにしても…そんな芸能界にしがらみなくモノ申せるのが、これまた特殊な世界である「宗教」くらいのものだという現実には、なんだか考えさせられるものがあります。

 

宗教については、何を信じていてもその人が救われる気持ちになるなら、それでいいと思っています。(わたし自身は無宗教)

 

ただ、「教義」とか「信仰心」をまわりに押し付けだすと、いろいろ面倒なことになってくるとも思います。

 

わたしは彼女に同情もしてますが、そういう意味では、今回の強行突破はまずかったような気がしちゃいますね…。

 

カリスマの冥王星と発展の木星がぴったり重なっている時期に生まれているので、もしかしたら教団の中でも、強い影響力のある地位にまでのぼりつめていくかもしれませんが、

 

これからは彼女自身が本当の意味で、幸せになっていけることを願ってやみません。

 

22歳なんて、人によってはまだまだ思春期のメンタルを引きずってるような年齢だと思うので、おばちゃんはちょっぴり心配であります。




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内、水星逆行、ボイドタイムの予報なども配信しています。




2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    清水 富美加さんの名前を見て、ついついお邪魔してしまいました。
    ブログを拝見してて、確かに今の芸能界に間違ってることを間違っていると言えるのは、宗教しかなかったんだなぁ。と。思いました。
    ただ。私は、今回の時期は正しいと思います。
    もしかしたら富美加さん自身、さらなる深傷を持つことになるかもしれませんが、円満に時期を見て辞めていたら、ここまで騒がれない。
    彼女の目的?は、真実を知ってほしいって事だと私は思うんです。
    私は無宗教だけど(父の墓をお願いしているお寺さんはありますけど。)
    宗教とゆう名前がつこうと、何かの団体とゆう名前がつこうと、理解しない人等は理解しないし、それだけで嫌煙する人もいます。そーゆうのを取っ払って、曇りなき気持ちでみれば、富美加さんが伝えたかった事は、普通の企業でいうなら、正真正銘のブラック企業だと私は思えたし、少なくとも、そーゆう事を考える機会が周りに起こったとすれば、この時期で正解だったと思えます。
    富美加さんの行動の先にいまよりも明るい(富美加さんだけでなく、これからの芸能界にも)未来があるのなら、意味のある行動といつかは理解してもらえるのかな。と、思います。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >那実さん
    はじめまして!
    コメントありがとうございます^^
    そうですね、那実さんのおっしゃってる通り、もし円満に辞めていたらここまで騒がれることもなかったであろうワケで…
    ブラック企業もビックリの芸能界の現状に一石を投じるためには、このタイミングはある意味ベストだったと言えるかもですね。
    一方で莫大な違約金が発生している、映画やテレビの撮影に穴をあけ、たくさんのスタッフに迷惑をかけているという実害が出てもいるので、そのへんは関係者さんが気の毒ではありますが…複雑ですね…。
    ともあれ、彼女にはこれから本当の意味で幸せになっていってほしいなと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA