蠍座の満月―ひとり静かに、自分の内側に溶けゆく

こんばんは、村上絵梨子です。

あさっての5/11は満月です。

満月から次の新月の間は、新月に設定し、はぐくんできたテーマを手放し、次のサイクルに備えることに適した時期になります。

今回は蠍座20度、第6ハウスで起こります。
こちらが満月図です。

 

今回満月が起きる蠍座というのは、スピリチュアルな領域に深く入り込み、一体化する星座です。

そこに辛抱強い牡牛座の太陽のエネルギーが強力に注がれています。

そしてそのエネルギーは、第6ハウスで発揮されることになります。

第6ハウスはよく奉仕というキーワードが使われますが、「自分を鍛えること」を示す場所でもあります。

つまり今回の満月は、「スピリチュアルな領域の鍛錬」がテーマ、ということになるでしょう。

テーマといっても、満月はさきほど書いたように次のサイクルにそなえる時期。

なので、イチからガツガツと何かに取り組むというよりは、前回の新月に立てた目標について振り返ったり、区切りをつけたり、休憩したり…といったことに、エネルギーを使っていくといいです。

前回の牡牛座の新月は、物質世界を楽しみ尽くすことがテーマでしたが、そこから得た安らぎや楽しみ、そして気づきを、今度は精神世界に溶かし込んでいくプロセスに入りました。

他者との交流にかかわる第7ハウスに逆行の土星が入っていること、そしてまさにスピリチュアリティにかかわる第8ハウスに、大きな変化をうながす冥王星が入っています。

そして「見えなくするハウス」の第12ハウスに、自分自身を示す太陽と、自己主張の火星が入り、さながら休息を取っているようです。

今回の満月は社会活動的なアプローチから少し遠ざかり(できる範囲でですよ)、ひとり静かに、瞑想的な心持ちで過ごすことで、内面が大きく成長していくのを感じられることでしょう。

さて、みなさまは今回の満月のエネルギーをどんな風に使っていくでしょうか。

なお、サビアンシンボルから読み解く今回の満月の裏テーマも読み解きますが、そちらの内容はあさって20時の配信のメルマガでお伝えしたいと思います。

 




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

西洋占星術講座「エレオノーラ」を主宰するかたわら、本サイト「西洋占星術とタロットの学校」の全記事執筆・運営管理もしています。 使用占術は西洋占星術、タロット。非霊感系です。 占いやスピリチュアルは現実に生かしてナンボなタイプで、地に足のつかない&ご都合主義のフワフワしたスピはちょっと苦手。 酒としょっぱい食べ物が大好きなアラフォーです。