天秤座の満月―循環させたエネルギーを富として受け取る

こんばんは、村上絵梨子です。

あさっての4/11は満月です。

満月から次の新月の間は、新月に設定し、はぐくんできたテーマを手放し、次のサイクルに備えることに適した時期になります。

今回は天秤座21度、第2ハウスで起こります。
こちらが満月図です。

 

今回満月が起きる天秤座というのは、調和を重んじ、バランスをとる星座です。

そこにエネルギッシュな牡羊座の太陽のエネルギーが強力に注がれています。

数カ月間にわたり、自分の持つエネルギーのみきわめや、社会貢献のための方法について考える期間が続いてきましたが、ここにきて、それを実際の富として受け取るタイミングがきたようです。

今回満月が起こる第2ハウスは、あらゆる「富と所有」を示す場所。
おもに「自分で稼ぎだす金銭」という意味合いがあります。

そして月のそばには、発展と拡大をつかさどる木星が寄り添っています。

つまり今回の満月は、「自分が社会貢献で循環させたエネルギーを、富として受け取る」ことがテーマ、ということになります。

金銭の話になると抵抗のある方もいるかもしれませんが、この世を生きる限り、人と金銭は切っても切れない関係にあります。

そして表向き「お金」の形を取ってはいますが、実際はエネルギーです。

人は価値あるものにお金を出しますが、受け取った側はそれをもちいて、より価値のあることを創造することもできます。
(もっとも、無駄なことに使ってしまっては、意味がないですが…)

自分がエネルギーを誰かのために使ったなら、富を受け取るのは自然な権利。

エネルギーは、「等価交換」が原則です。

差しだす側が必要以上にそれを出し惜しんだり、受け取る側が必要以上に搾取、または遠慮しすぎたりしても、ものごとはうまく回りませんよね。

特に、遠慮しすぎている人は多い気がします。

罪悪感を感じたりすることはありません。あなたには価値があるのですから、その対価はありがたくいただき、そして意味のある使い方をしていきましょう。自分にとっても、誰かににとっても。

この機会にぜひ、自分のお金に関する価値観を、見直してみてくださいね。

なお、サビアンシンボルから読み解く今回の満月の裏テーマも読み解きますが、そちらの内容はあさって4/11 20時の配信のメルマガでお伝えしたいと思います。




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内、水星逆行、ボイドタイムの予報なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA