双子座の満月―わたしだけの哲学を形作る

こんばんは、村上絵梨子です。

あさっての12/4は満月です。

満月から次の新月の間は、新月に設定し、はぐくんできたテーマを手放し、次のサイクルに備えることに適した時期になります。

 

今回は双子座11度、第9ハウスで起こります。
こちらが満月図です。

 

今回満月が起きる双子座というのは、あふれる知的好奇心の星座です。


そこにさらにレベルの高い学びを示す射手座の太陽のエネルギーが、強力に注がれています。

そしてそのエネルギーは第9ハウスで発揮されることになります。
第9ハウスはあらゆる「哲学」を示す場所です。


つまり今回の満月は、「自分だけの哲学を追究する」のがテーマ、ということになります。


テーマといっても、満月はさきほど書いたように次のサイクルにそなえる時期。

なので、イチから何かに取り組むというよりは、前回の新月に立てた目標について振り返ったり、区切りをつけたり、休憩したり…といったことに、エネルギーを使っていくといいでしょう。

前回の蠍座の新月は自分の内面を「思いっきり楽しみながら開拓していくこと」がテーマでしが、今回の満月では、その精神的な活動がピークになります。


「形作る」ことにかかわる土星がオリジナリティの天王星と調和的な角度ですので、それまで自分が触れてきたスピリチュアルなエッセンスを、自分なりにかみ砕いてモノにしていくようなイメージです。

ただ、豊かに広がっていくことを意味する木星と結ばれている、インスピレーションの海王星。これが月と少々ぶつかり合うような角度を取っていますので、あれこれと手を広げすぎて収拾がつかなくなりやすいという弱点も。

これは、今回満月が起こる双子座のエネルギーのネガティブ面でもあります。


ポリシーが一貫しないということは、ブレがあるということです。


自分の足下(内面)をしっかり固められるよう、「散漫さ」に負けないようにしましょうね。

さて、みなさまは今回の満月のエネルギーをどんな風に使っていくでしょうか。

なお、サビアンシンボルから読み解く今回の満月の裏テーマも読み解きますが、そちらの内容はあさって20時の配信のメルマガでお伝えしたいと思います。

メルマガの詳細についてはこちらへ




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

西洋占星術講座「エレオノーラ」を主宰するかたわら、本サイト「西洋占星術とタロットの学校」の全記事執筆・運営管理もしています。 使用占術は西洋占星術、タロット。非霊感系です。 占いやスピリチュアルは現実に生かしてナンボなタイプで、地に足のつかない&ご都合主義のフワフワしたスピはちょっと苦手。 酒としょっぱい食べ物が大好きなアラフォーです。