魚座の満月―自分の中にある癒しの力を使って奉仕する

こんばんは、村上絵梨子です。

あさっての9/6は満月です。

満月から次の新月の間は、新月に設定し、はぐくんできたテーマを手放し、次のサイクルに備えることに適した時期になります。

今回は魚座13度、第1ハウスで起こります。
こちらが満月図です。

今回満月が起きる魚座というのは、ふんわりとした、愛とロマンの星座です。

そこに奉仕的な乙女座の太陽のエネルギーが、強力に注がれています。

そしてそのエネルギーは第1ハウスで発揮されることになります。第1ハウスは「自分の公の姿」を示す場所です。

満月にはかなり近い誤差で、理想と深い癒しを示す海王星がかさなっており、強いヒーリング的なエネルギーを放っています。

また、「無意識の領域」である第12ハウスには、「根底から変える」強力な力をもった冥王星があり、太陽に調和的なエネルギーを送っています。

つまり今回の満月は、「見えない癒しの力を使い、奉仕に励む」ことがテーマになります。

テーマといっても、満月はさきほど書いたように次のサイクルにそなえる時期。

なので、イチから何かに取り組むというよりは、前回の新月に立てた目標について振り返ったり、区切りをつけたり、休憩したり…といったことに、エネルギーを使っていくといいでしょう。

先月の水瓶座の満月、獅子座の新月では、どちらかというと自分のことに関心が向きやすいエネルギーを持ったホロスコープでしたが…

今回の満月はそういった個人的な欲を手放し、「不特定多数の人々へ」「ひたむきに尽くす」ことが大切な期間のようです。

「見えない癒しの力」と書きましたが、それはなにも超能力や、ヒーリングのような形のものでなくともかまいません。

なにげなく発する言葉や行動にも、根底に愛があればそういったエネルギーを宿すことはできます。

それに、今回満月が起こる第1ハウスというのは、ある意味自分の持っているリソースの場でもありますから、自分の特技などをシェアすることが、癒しにつながっていくこともあるでしょう。

「癒し」というとなんとなくスピっぽくて、選ばれた人が持つ特別なチカラのように感じてしまいがちですが、実は誰にでも、いつでも発揮できるエネルギーなのですね。

そしてそれを発動させるのは、魚座の持つ、普遍的な愛なのだとわたしは思います。

さて、みなさまは今回の満月のエネルギーをどんな風に使っていくでしょうか。

なお、サビアンシンボルから読み解く今回の満月の裏テーマも読み解きますが、そちらの内容はあさって20時の配信のメルマガでお伝えしたいと思います。

メルマガの詳細についてはこちらへ




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内、水星逆行、ボイドタイムの予報なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

村上絵梨子

1983年東京生まれ。

神奈川・横浜にて西洋占星術講座「エレオノーラ」を主宰するかたわら、本サイト「西洋占星術とタロットの学校」の全記事執筆・運営管理もしています。

使用占術は西洋占星術、タロット、ルノルマンカード。非霊感系です。

占いやスピリチュアルは現実に生かしてナンボなタイプで、地に足のつかない感じのフワフワしたスピはちょっと苦手。

普段は酒と塩っからい食べ物をこよなく愛する34歳です。
学習院大学文学部史学科卒。