水瓶座の新月―自分自身を振り返り、アップデートする

あさっての2/5は新月です。

今回は水瓶座15度、第1ハウスで起こります。
こちらが新月図です。


今回新月が起きる水瓶座は、革新と問題解決の星座です。
そしてそのエネルギーは第1ハウスで発揮されることになります。
第1ハウスはあらゆる「自己イメージ」を示す領域です。

今回の新月は、「自分自身を徹底的に見直し、アップデートする」時期であることを暗示します。

先日の獅子座の月食では、「自分の愛することを、自分らしく表現していくこと」がテーマでしたが、今回の新月では対外的な働きかけはいったんお休み。
自分自身を高め、変化させることに専念するのが大きなテーマとなります。

天体は第1に位置する太陽&月をはじめ、第1~第3ハウスに特に集中していますが、これらはごくパーソナルな領域にかかわるハウスです。

が、第11~第12ににも4つの天体が入室しています(木星、金星、土星、冥王星)。

特にわたしの目を引いたのは第12ハウスに位置する冥王星。
第12ハウスというのは、第1~第11までの領域を「総括」するような役割を果たしたりもしますが、これまでの人生で得てきた一連の経験が、「根本的な変化」を促すエネルギーとなるでしょう。


またそんな冥王星は安定と堅実さの土星とコンジャンクション(0度)ですので、そのエネルギーはきわめて安定した出方にもなりやすいです。

これまでにあなたさまが取り組んできたこと、達成してきたことはなんでしょうか?そのあたりを振り返ってみると、成長のためのヒントが見つかるでしょう。

ただし、火星が冥王星とスクエア(90度)をとっていますので、変化を渇望しすぎるあまり、必要以上に焦りすぎたりしないよう、ご注意くださいね。

さて、みなさまは今回の新月のエネルギーをどんな風に使っていくでしょうか。

なお、サビアンシンボルから読み解く今回の新月の裏テーマも読み解きますが、そちらの内容はあさって20時の配信のメルマガでお伝えしたいと思います。

メルマガの詳細についてはこちらへ





占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA