2018年11月後半の星予報

2018年11月後半の星予報(11/16~11/30)をお届けします。
今回の空模様トピックスはこちらの4つです。


①火星が魚座入り(16日)
②水星が逆行を開始(17日)
③太陽が射手座入り(22日)
④双子座の満月(23日)



①まず、16日に火星が魚座に入ります。


火星は情熱やモチベーションを示す天体。
そして魚座は慈愛と献身の星座です。


火星が次の星座(牡羊座)に移るまでの間は、自分以外の誰かや大きな目的のために力を捧げたい、という気持ちが出やすいでしょう。

地域の活動や、ボランティアなどに取り組んでみるといいかもしれません。また、感受性が鋭敏になるので、アートなどに没頭するのも一興かも?


②次に17日、水星が今年最後の逆行を開始します。


今回は来月7日中までに射手座13度から蠍座27度までをさかのぼります。

この期間中は何かと詰めが甘くなり、ドンブリ勘定に走りやすいでしょう。また、本質を突いたつもりが実は的外れに…なんてことにもなりがちです。


ホロスコープの射手座13度から蠍座27度までに何かしらの天体を持つ方は特に影響を感じやすいですが、当てはまる場合は今回の内容を特に意識してみるといいかもしれません。


③22日には、太陽が射手座に入ります。

 

太陽は生きる力・パワーの源泉を示す天体。
そして射手座は高度な智恵とのびやかさの星座です。

 

太陽が次の星座(山羊座)に移るまでの期間は、しなやかさが増し、知的好奇心がムクムクと湧いてくるでしょう。

 

特に専門性の高い知識に縁がありますので、普段なら手を出さないような、ちょっと高度な分野の勉強をしてみると吉。



④そして23日には双子座で満月が起こります。

今回満月が起きる双子座は、知性と柔軟性の星座。
そこにのびやかな感性と高度な精神性をあらわす射手座の太陽のエネルギーが、強力に注がれています。


そしてそのエネルギーは第2ハウスで発揮されることになります。
第2ハウスはよく「金銭の領域」と言われますが、今回は「所有を示す領域」として読み解きます。

今回のテーマは、「貪欲に知識をたくわえていく時期」と言えそうです。


詳しい過ごし方については21日に記事をアップします。

それでは、星の流れにのって11月後半を有意義にお過ごしください。




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA