双子座の新月―見えざる内側の世界に遊ぶ

こんばんは、村上絵梨子です。


あさっての6/14は新月です。


今回は双子座22度、第12ハウスで起こります。
こちらが新月図です。


 

今回新月が起きる双子座は、好奇心と学びの星座です。
そしてそのエネルギーは第12ハウスで発揮されることになります。
第12ハウスはあらゆる「見えざるものごと」を示す領域です。


第12ハウスはつかみどころがなく、いまひとつイメージづらいハウスかもしれませんが、具体的には無意識やスピリチュアルの領域を指す…というふうにとらえておくといいでしょう。


今回の新月は、「精神性を深める」ための時期であることを示します。


先日の射手座の満月では積極的にクリエイティビティを引き出すことがテーマでしたが、
今回は打って変わって…という感じです。

というのは、12ハウスに入る新月(太陽と月)には、冥王星がクインカンクス(150度)をとっています。
クインカンクスはすれ違う葛藤、冥王星は抗いがたい圧力を示しますので、

なにか表舞台に出たくても出られない、内にこもらざるを得ないような局面が訪れやすい…と言えるかもしれないのですね。

これはある意味今回新月が起こっているサイン・身軽さが身上である双子座のエネルギーも抑えられることにもつながるので、ちょっと苦しい時期にはなりそうです。

ですが、ここは考え方を変えてみましょう。
外側で楽しめないなら、内側で楽しめばいいのです。

次の満月までの間は、自分の内面、つまり精神性をを充実させることに注力してみましょう。


読書をしたり、瞑想をしてみたり、好きな映画などを見たり。
そうすることで、この時期を楽しく乗り越えられると同時に、内面にこれまで以上の深みが出てくるはずです。


来るべき時にそなえ、今は内側の世界を楽しむとよいです。

さて、みなさまは今回の新月のエネルギーをどんな風に使っていくでしょうか。

なお、サビアンシンボルから読み解く今回の新月の裏テーマも読み解きますが、そちらの内容はあさって20時の配信のメルマガでお伝えしたいと思います。

メルマガの詳細についてはこちらへ





占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

村上絵梨子

1983年東京生まれ。 神奈川・横浜にて西洋占星術講座「エレオノーラ」を主宰するかたわら、本サイト「西洋占星術とタロットの学校」の全記事執筆・運営管理もしています。 使用占術は西洋占星術、タロット、ルノルマンカード。非霊感系です。 占いやスピリチュアルは現実に生かしてナンボなタイプで、地に足のつかない感じのフワフワしたスピはちょっと苦手。 普段は酒と塩っからい食べ物をこよなく愛する34歳です。 学習院大学文学部史学科卒。