2018年5月後半の星予報

こんばんは、村上絵梨子です。

2018年5月後半の星予報(5/16~5/31)をお届けします。
今回の空模様トピックスはこちらの6つです^^

①天王星が牡牛座入り(16日)
②火星が水瓶座入り(16日)
③金星が蟹座入り(19日)
④太陽が双子座入り(21日)
⑤射手座の満月(29日)
⑥水星が双子座入り(30日)

①まず16日に、天王星が牡牛座入りします。

天王星はオリジナリティ・変革を示す天体。
そして牡牛座は堅実さと慎重さの星座です。

次の星座(双子座)に移るまでの期間は、自分の独自性を注意深く探究し、開花させていくことになるでしょう。

天王星は天体の中でも動きが遅めで、ひとつの星座ないしハウスに約7年滞在します。

天王星が双子座に移動するのは2025年になるので、このテーマについては長い目で、じっくりと取り組んでいく必要があるといえますね。

②続いて同じく16日、火星が水瓶座入りします。

火星はモチベーションや燃えるようなエネルギーを示す天体。
水瓶座は論理と独自性の星座です。

次の星座(魚座)に移るまでの期間は、物事をロジカルにとらえ、一本気に突き詰めていきたいという衝動が高まるでしょう。

期間中にちょっと注意なのは、とにかく理屈っぽくなりがちなところ。
なにもかもがクールに割り切れるものごとばかりとは限りません。
少しの柔軟性も忘れずに。

③19には金星が蟹座入りします。

金星はよしとすること示す天体。
そして蟹座は保護と安らぎの星座です。

次の星座(獅子座)に移るまでの期間は、無性にふんわりとした温かな雰囲気を欲するかもしれません。

自分がほっとできるなぁと感じるもの、触れているとエネルギーが充電されるように感じるものを積極的に取り入れていきましょう。

また、蟹座は家庭やコミュニティを示す星座でもあります。
離れて暮らすご家族がいる方は、思い切って連絡をとってみるのもよいかもしれません。

④そして21日には、太陽が双子座入りします。
⑥30日の水星が双子座入りについてもこちらであわせて解説します。

太陽は力の源泉を示す天体。
そして水星は思考とモノの見方を示す天体です。
そして双子座は知識とコミュニケーションの星座となります。

次の星座(蟹座)に移るまでの期間は、何かしらの知識を得ることに対して興味が向きやすいでしょう。

知識、といっても双子座の示す「知識は」初心者・初級者向け、浅く広く、といったニュアンスがあります。

(一方で射手座は「高度な知識」を示します)

なので、なにか勉強せねば!といった気負いはまったく必要ありません。
自分の興味の赴くままに取り組んでみましょう。

⑤そして29日、射手座で満月が起こります。

今回は射手座の8度、第10ハウスで起こります。

射手座は哲学と情熱の星座。
第10ハウスはキャリアや社会的到達点を示す領域です。

次の新月までの期間中は、「知恵を実際的な場面で役立たせていく」ことがテーマとなります。

詳しい過ごし方については27日 20時に満月の記事をアップしますので、そちらをご覧くださいね。

ではでは、星の流れにのって5月後半を有意義にお過ごしください。




占星術を知ろう!
無料占星術メルマガ配信中

ホロスコープを読んでみたいけれども、初心者でなにもわからない…そんな方のために無料で気軽に占星術について学べるメルマガを配信しています。

まずは12星座と10個の天体を知って、ご自分に対する理解を深めてみませんか?

ほかにもブログで公開している「新月・満月」の裏テーマなどの読者さま限定情報、講座・イベントの優先案内なども配信しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

村上絵梨子

1983年東京生まれ。 神奈川・横浜にて西洋占星術講座「エレオノーラ」を主宰するかたわら、本サイト「西洋占星術とタロットの学校」の全記事執筆・運営管理もしています。 使用占術は西洋占星術、タロット、ルノルマンカード。非霊感系です。 占いやスピリチュアルは現実に生かしてナンボなタイプで、地に足のつかない感じのフワフワしたスピはちょっと苦手。 普段は酒と塩っからい食べ物をこよなく愛する34歳です。 学習院大学文学部史学科卒。